デリケートな妊婦の身体を守ろう|便秘の解消にもってこい

生活習慣病から守る

血液

糖尿病の予防と改善

ヘモグロビンa1c(ヘモグロビンエイワンシー)は、「HbA1c」とも表記され、グリコヘモグロビンの種類のひとつです。血管の中でヘモグロビンとブドウ糖が結びついた状態で、糖尿病の改善や予防に必要な数値になります。ヘモグロビンa1cの数値が標準より高いと糖尿病の可能性があるため、サプリや運動で改善することが大切です。糖尿病は生活習慣病の中でも多く、不規則な生活や運動不足、ストレスが多い場合になりやすいと言われています。血糖値と併用してヘモグロビンa1cの検査を行うことで、更に確実な糖尿病検査が行えます。血糖値を下げるためには、高麗人参やDHAなどのサプリが効果的です。糖尿病は食生活を見直し、血糖値をコントロールする栄養を摂ることで改善に繋がります。また、定期的な運動を行うと効果が高まります。

数値を下げる工夫

ヘモグロビンa1cの検査は、血糖値の検査と同じく希望すれば行えます。定期的にヘモグロビンa1cの数値を知ることは、糖尿病の予防に効果的です。普段から予防のための栄養成分を積極的に取り入れることが重要です。青魚に含まれるDHAや高麗人参などは、日頃の食事では摂ることが難しいため、健康食品の利用がおすすめです。現在は血糖値やヘモグロビンa1cを下げる効果のあるサプリが多く、手軽に生活に取り入れられます。糖尿病の予防のためには、病院での検査が重要です。血糖値やヘモグロビンa1cの数値と共に、コレステロール値や血圧なども検査すると病気を早く確認でき予防に繋がります。数値が気になる場合は、DHAなどを積極的に摂り生活習慣を見直すことで改善が可能です。

Copyright © 2017 デリケートな妊婦の身体を守ろう|便秘の解消にもってこい All Rights Reserved.