デリケートな妊婦の身体を守ろう|便秘の解消にもってこい

加齢による健康の乱れ

悩む女性

ホルモンバランスの関係

年齢を重ねると、さまざまな身体の不具合が発生しますが、その中でもホルモンバランスの乱れによって現れるのが更年期障害です。更年期障害は女性に多く見られるものですが男性にも発生します。その内容としては女性の場合には閉経を迎えることで女性ホルモンの分泌量が低下することでホルモンのバランスが乱れ、心身ともに悪影響を与えます。ただ身体は次第にその状態に順応してくるので、この身体の変化する期間が更年期と呼ばれます。更年期による不調は個人差が大きく、更年期の時に症状が出ずに、まったく気にならない人もいれば日常生活に支障を影響がでる人もいます。特に日頃の生理時の症状が厳しい人ほど更年期障害の症状も重くなるとされます。

改善するポイント

更年期障害は明確な症状はなく人によって変わってきます。症状としては身体に出てくるものとして汗をかきやすかったり、のぼせやほてり、眠れない、吐き気や腹痛、身体の痛み、手足の冷え、トイレが近くなったり、体重が増えるまたは減る、毛が抜ける、肌が荒れるといったことです。また精神的にもイライラしたり憂鬱な気分になったり記憶力や判断力の衰えなどがあります。特にこれらの原因となるものがない場合にはホルモンバランスの乱れということが考えられ更年期障害と判断されます。基本的に治療は対処療法が中心で、多く使われるのが身体への負担が小さい漢方による投薬治療です。特に軽度な場合にはそれぞれの症状に合わせた漢方が処方されます。また漢方でも健康保険の適用されるものもありますし、漢方薬局で調剤してもらうというのも方法です。

Copyright © 2017 デリケートな妊婦の身体を守ろう|便秘の解消にもってこい All Rights Reserved.